予約診療

緑内障について

緑内障とは

緑内障とは、眼圧が高くなり、視神経が障害され、見える範囲が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする疾患です。
眼圧が正常範囲内の方でも、緑内障が起こることがあり、”正常眼圧緑内障”と呼ばれています。

失ってしまった視力または見える範囲は、手術や薬でも回復できません。早期発見と適正な治療により、進行をできるだけ抑えることが大切となります。

緑内障の検査

眼圧測定・視野検査・眼底検査・隅角検査など、多数の検査が必要となります。

どのように見えなくなるのか

初期…中心の上側や下側が弓状に見えなくなります。ほとんどの方は気づかず視野検査で発見することができます。

中期…見えない範囲が増え、視野の4分の1程度が見えなくなると、見えにくいと感じます。

​後期…筒から外の風景を覗いている見え方になり、歩くとぶつかることが多くなります。もう片方の眼の視野がよいと、後期でも気づかないことがあります。

治療方法

点眼薬の投与・手術療法・レーザー治療などがあります。

治療により視野を取り戻すことはできませんが、これ以上の緑内障の進行を抑えることはできます。

治療期間

緑内障はそのままにしておくと視野が障害される病気です。治療は、糖尿病などの治療と同様に生涯にわたり、進行を抑えるために続けます。

レーザー治療

緑内障は生涯に渡り継続的なフォローが必要な疾患です。当クリニックは緑内障の診療にちからを入れております。患者様へ十分な説明をし、患者様おひとりおひとりの進行のペースに合わせての治療方針を行います。

患者様になるべく普段の日常生活をおくって頂けるよう、お手伝いができれば幸いです。